HACHINOHE HISTORIA

文化財詳細

#歴史資料 #指定・登録なし #江戸時代 #八戸市立図書館
八戸藩政時代市街図
八戸藩政時代市街図
(指定・登録なし、八戸市立図書館、江戸時代、縦207.3 cm×横315.7cm)
八戸藩政時代市街図(部分1)
八戸藩政時代市街図(部分1)
(指定・登録なし、八戸市立図書館、江戸時代、縦207.3 cm×横315.7cm(全体))
八戸藩政時代市街図(部分2)
八戸藩政時代市街図(部分2)
(指定・登録なし、八戸市立図書館、江戸時代、縦207.3 cm×横315.7cm(全体))
八戸藩政時代市街図(部分3)
八戸藩政時代市街図(部分3)
(指定・登録なし、八戸市立図書館、江戸時代、縦207.3 cm×横315.7cm(全体))
八戸藩政時代市街図(部分4)
八戸藩政時代市街図(部分4)
(指定・登録なし、八戸市立図書館、江戸時代、縦207.3 cm×横315.7cm(全体))

八戸藩政時代市街図

宝暦年間頃(1751~1763)の城下町を記した絵図。これを郷土史家・上杉修(うえすぎおさむ)氏が複写したものが本資料である。

二重の水堀で囲まれた八戸城の南側に城下町が広がっている。城に近いところから、武士の名前〔上級武士〕が書かれ、表通り〔三日町・八日町の通り〕と裏通り〔六日町と朔日町の通り〕には商人、その外側にはまた武士の名前〔下級武士〕が記されている。

また、城下町の周辺には、堤が複数存在しており、現在もこの名残として当該地区は窪んだ地形のままとなっている。

八戸の町割りは、当時からほとんど変わらず現在に至っている。

解説執筆者 : 八戸市立図書館 滝尻 侑貴
推薦文献 : 八戸市 2013『新編八戸市史 通史編Ⅱ』

文化財マップ(展示・所蔵場所)

文化財一覧へ