HACHINOHE HISTORIA

文化財詳細

#考古資料 #指定・登録なし #平安時代 #その他
馬骨(頭蓋骨の頂部が打ち欠かれている)
馬骨(頭蓋骨の頂部が打ち欠かれている)
(指定・登録なし、その他、平安時代、青森県埋蔵文化財調査センター)

馬・牛の飼育

八戸市の古代における馬・牛の飼育の様子が分かる遺跡として、林ノ前(はやしのまえ)遺跡にその痕跡が多く残っている。林ノ前遺跡では、多くの馬・牛の骨がみつかっており、幼齢の馬の骨もみられることから、遺跡内あるいは近隣で馬・牛が飼育されていたことがわかる。馬や牛の骨は、全てバラバラの状態でみつかっており、解体時の切り傷が残るものや、骨の端部が焦げているもの、頭蓋骨の頂部が意図的に割られているような状況を示すものがある。このことから、食用としてだけではなく骨や皮の利用といった様々なものに使われていたことがわかる。

八戸地方を含め、青森県南部~岩手県北部は中世に「糠部(ぬかのぶ)の駿馬」として名を馳せる全国有数の馬産地となるが、林ノ前遺跡はその先駆けであった可能性がある。

解説執筆者 : 田中 美穂
推薦文献 : ①八戸市 2009『新編八戸市史考古資料編』 ②八戸市 2015『新編八戸市史 通史編Ⅰ 原始・古代・中世』
文化財一覧へ