HACHINOHE HISTORIA

文化財詳細

#工芸品 #重要文化財 #南北朝時代 #八戸市立図書館
絵葉書 紺糸威銅丸鎧 
絵葉書 紺糸威銅丸鎧 
(指定・登録なし、絵葉書八戸市立図書館所蔵(鎧現物は林原美術館所蔵・重要文化財)、現物は南北朝時代)
絵葉書 太刀「粟田口國安」
絵葉書 太刀「粟田口國安」
(指定・登録なし、絵葉書八戸市立図書館所蔵(太刀現物は所在不明)、現物は南北朝時代〔1342〕))

紺糸威銅丸鎧、太刀「粟田口國安」

興国3年(1342)に、南部政長(なんぶまさなが)が後村上天皇(ごむらかみてんのう)より拝領した鎧と太刀。南部政長は、北畠顕家(きたばたけあきいえ)と南部師行(なんぶもろゆき)が戦死した後、北奥羽の南朝勢力のまとめ役として戦い、北畠顕信(きたばたけあきのぶ)が東北にやってきてからは、協力して戦った。この忠功が賞され、鎧と太刀を拝領した。

鎧は、現在林原美術館に所蔵されている。太刀は、所在不明である。

提示している資料は、かつて八戸で展示会が行われた際に作成された、展示風景絵葉書である。

解説執筆者 : 八戸市立図書館 滝尻 侑貴
推薦文献 : 八戸市 2014『新編八戸市史 中世資料編』
文化財一覧へ