HACHINOHE HISTORIA

文化財詳細

#工芸品 #県指定(県重宝) #南北朝時代 #櫛引八幡宮 国宝館
鰐口
鰐口
(県指定(県重宝)、櫛引八幡宮 国宝館、南北朝時代(1406)、直径40.0cm 全幅44.0cm 厚17.0cm)

鰐口

応永12年(1406)4月8日に、三戸南部守行(なんぶもりゆき)によって鋳造されたと伝わる鰐口(わにぐち)。県重宝に指定されている。青銅鋳造製。外区(がいく)・内区(ないく)に銘が刻まれている。しかし、鋳型に通常の向きで文字を刻んだため、出来上がったものは鏡文字になっている。

同時代の資料で、「守行」と記されている唯一の資料であった。しかし近年文字がかすれ、「守行」と判読できなくなっている。

解説執筆者 : 八戸市立図書館 滝尻 侑貴
推薦文献 : 青森県 2016『青森県史 資料編中世4』

文化財マップ(展示・所蔵場所)

文化財一覧へ