HACHINOHE HISTORIA

文化財詳細

#絵画・書 #指定・登録なし #明治時代 #八戸クリニック街かどミュージアム
日露会見談判図
日露会見談判図
(指定・登録なし、八戸クリニック街かどミュージアム、明治37(1904)年、大倉耕濤)
日露両艦隊二月八日旅順口海戦に名誉なる我水雷艇敵艦三隻を撃沈す
日露両艦隊二月八日旅順口海戦に名誉なる我水雷艇敵艦三隻を撃沈す
(指定・登録なし、八戸クリニック街かどミュージアム、明治37(1904)年、右田年英 )
我駆逐艦速鳥朝露冒大風雪撃沈敵艦於旅順之図
我駆逐艦速鳥朝露冒大風雪撃沈敵艦於旅順之図
(指定・登録なし、八戸クリニック街かどミュージアム、明治37(1904)年、原田耕挙)
日露交戦紀聞
日露交戦紀聞
(指定・登録なし、八戸クリニック街かどミュージアム、明治37(1904)年、 右田年英)
日露戦争名誉軍人鑑
日露戦争名誉軍人鑑
(指定・登録なし、八戸クリニック街かどミュージアム、明治37(1904)年、作者不明 )

日露戦争

朝鮮半島と満州の利権をめぐり明治36(1904)年から続く日露交渉は、翌年2月6日、日本が国交断絶を言い渡し決裂、日露戦争開戦となった。2月10日制作の「日露会見談判図」には、〈明治三十七年二月六日第拾四回目ニテ談判断絶シ自由行動ニ決ス〉と記されている。書面を前に向かい合う2人は外務大臣小村寿太郎とロシアのローゼン公使であろうか。

「日露両艦隊二月八日旅順口海戦に…(略)」と「我駆逐艦速鳥朝露…(略)」は、共に旅順口攻撃の様子が描かれ、前者は日本の魚雷艇がロシア鑑を攻撃する場面で、後者は風雪激しい中、日本の駆逐艦「速鳥(はやとり)」「朝霧」がロシア鑑と戦闘を繰り広げる場面である。

「日露交戦紀聞…(略)」は、3月27日に実施された2回目の旅順口閉塞作戦で、閉塞(へいそく)のため福井丸を自沈させるが、行方不明となった部下を捜索しボート上で被弾、戦死した広瀬武夫少佐の姿を英雄視し描いている。また、「日露戦争名誉軍人鑑」は、山県有朋・大山巌(いわお)・乃木希典(のぎまれすけ)・東郷平八郎などの群像画である。

この頃は、輪転機を使った大量印刷・雑誌メディアの拡大期で、また写真報道の時代でもあり、日露戦争錦絵は僅か50点程しか制作されなかったとされているものの精巧な作品が多い。

解説執筆者 : 八戸クリニック街かどミュージアム 小倉 学

文化財マップ(展示・所蔵場所)

文化財一覧へ