HACHINOHE HISTORIA

文化財詳細

#歴史資料 #指定・登録なし #昭和時代 #八戸市立図書館
空襲予告ビラ(表)
空襲予告ビラ(表)
(指定・登録なし、八戸市立図書館、昭和時代(1945))
空襲予告ビラ(裏)
空襲予告ビラ(裏)
(指定・登録なし、八戸市立図書館、昭和時代(1945))

八戸空襲

昭和20年(1945)8月5日、アメリカの爆撃機が、全国に空襲を予告するビラ〔リーフレット〕を撒いた。表面には、爆撃を行う予定の都市名が書かれ、八戸も含まれていた。裏面には「日本国民に告ぐ」と題し、軍事施設を爆撃するが、どこに落ちるのかはわからないので、都市から避難するよう知らせている。

八戸では、これに先立ち7月14・15日に一度爆撃を受けており、市民の疎開が進んでいた。予告の空襲があったのは8月9・10日であり、鮫沖に停泊中の海防鑑「稲木」が撃沈、高館飛行場や、日東化学工場、八戸国民学校などが被害にあった。

解説執筆者 : 八戸市立図書館 滝尻 侑貴
推薦文献 : 八戸市 2014『新編八戸市史 通史編Ⅲ』

文化財マップ(展示・所蔵場所)

文化財一覧へ