HACHINOHE HISTORIA

八戸藩徒鞍流馬術

Horsemanship of Sugura-Ryu in Hachinohe Clan(1)


論文タイトル (カナ)

ハチノヘハンスグラリュウバジュツ


著者(日・英)

太田 尚充
Takamitsu Ota


要旨・内容

徒鞍流は八戸藩流馬術として200数年にわたって道統が続いたのにも関わらず、伝書、巻物、馬具、印鑑等残したまま、その技法は今日に伝わっていない。本稿では残されていたわずかな資料に概略を付け足したもになっている。


要旨・内容 (英語)

Although the tradition of Tsurekura-ryu has continued for more than 200 years as the Hachinohe clan style horsemanship, the technique has not been handed down to the present day, leaving the records, scrolls, harnesses, seals, etc. In this article, I have added an outline to the few remaining materials.


掲載元情報(日・英)

八戸工業高等専門学校紀要 4巻p.168-189


論文種別

考古資料、考古資料、考古資料

発行年月日

1969/12/20


閲覧先

八戸市立図書館


閲覧先URL

http://www.lib.hachinohe.aomori.jp

閲覧先での公開範囲

全文公開


ISSN