HACHINOHE HISTORIA

簡易測定法を用いた八戸市におけるNO₂大気汚染調査

Observation of NO₂ Air Pollution in Hachinohe City Using Simple Method


論文タイトル (カナ)

カンイソクテイホウヲモチイタハチノヘシニオケルチッソサンカブツタイキオセンチョウサ


著者(日・英)

西田 修三
NISHIDA Shuzo


要旨・内容

本研究室では八戸市全域のNO₂汚染の実態を把握するために、昭和61年より市内数十箇所において、簡易測定法によるNO₂汚染調査を実施してきた。本報では、その調査・分析方法、並びに、測定結果について報告する。


要旨・内容 (英語)

To clarify the NO₂ distribution in a broad area of Hachinohe city, we made the observation at 62 points in the city, with a sirnple method using a sampler in which a filter paper absorbing NO₂ was set. Moreover, we made the observation of the vertical profile of NO₂, using a balloon attached the sampler on its anchoring rope at equal heights.
This report describes the method of the observation and the obtained results.


掲載元情報(日・英)

八戸工業大学紀要第9巻,pp.66-74
The Bullet in of Hachinohe Institute of Technology,9,pp.66-74


論文種別

考古資料、考古資料、考古資料、考古資料

発行年月日

1990/2/28


閲覧先

八戸工業大学学術リポジトリ


閲覧先URL

https://hi-tech.repo.nii.ac.jp/?page_id=13

閲覧先での公開範囲

部分公開


ISSN

0287-1866