HACHINOHE HISTORIA

時代ごとに移動
chronology
Paleolithic
Jomon
Yayoi
Kofun
Asuka
Nara
Heian
Kamakura
Nanbokucho
Muromachi
Sengoku
Azuchi
Edo
Meiji
Taisho
Showa
文化財列のアイコン
日本の歴史
八戸の歴史
B.C.30000~
《約4万年前、日本にホモサピエンスが入ってくる》
About 40 thousand years ago, Homo sapiens moves to Japan.
B.C.30000~
寒冷な気候で、海水面は今より100~120m低いため、日本海はまだ湖となっており大陸から動物やヒトが流入する
Because of the cold weather, the Sea level is 100m to 120m lower than it is today and animals and human being are moved from the continent.
約3万年前、鹿児島湾で巨大噴火が起こり、八戸にも火山灰が降る
寒冷化は、約2万年前をピークに温暖化に転じ海水面が上昇、日本列島の形成がはじまる
青森は、現在より平均気温が4~5度低かったと考えられている
It is believed that the average temp. is 4 to 5 degrees Celsius lower than it is today in Aomori prefecture.
気候変動により大型動物が絶滅 ヒトが狩猟する対象が中・小型動物主体に変わっていく
田向冷水にヒトが訪れ、ナイフ形石器などを残す
Human being visit Tamukai-hiyamizu and remain stone tools resembling a knife.
細石器が日本列島全域の各地に広がる
B.C.13000~
縄文草創期
Incipient jomon
B.C.13000~
縄文草創期
Incipient jomon
土器の発明により、煮炊き調理が可能となり、可食食料が飛躍的に増える
約1万5000年前までに十和田火山が複数回大噴火 八戸南部に火山砕屑物が厚く堆積(十和田八戸火山灰)
気候の温暖化により海水準が上昇し、日本列島が現在のような姿となる
Due to climate warming, Sea level rises and the Japanese archipelago is shaped as it is today
1万2000年前以降に東北北部の植生が、冷温帯落葉広葉樹林を主とする森林へ変化
九州から東北まで広い地域で、隆起線で装飾された土器が使用される
Potteries decorated with raised lines are used in the large area from Kyushu to Tohoku region.
櫛引黄檗で土器が使われ始める
Potteries come into use at Kushihiki or Ōbaku.
櫛引に竪穴建物や土坑がつくられる(草創期末の竪穴建物跡は県内最古)
Pit dwellings and pits are built at Kushihiki and they are the oldest remains of pit dwellings of the end of the first Jomon period in Aomori Prefecture.
B.C.9000~
縄文早期
Initial Jomon
B.C.9000~
縄文早期
Initial Jomon
竪穴建物や土坑などがまとまってつくられるムラがあらわれる
Colonies in which pit dwellings or pits are created collectively appeared.
約9200年前の十和田火山の噴火により、八戸南部には火山砕屑物が堆積(十和田南部火山灰/南部浮石)
土器の底が丸いものや尖ったものがつくられ、縄目や粘土紐以外に押型文、貝殻沈線文で装飾される土器が広い範囲で作られる
Decorated potteries or potteries whose bottoms are round or pointed are created in large area.
青森東部(県南地方)に、竪穴建物が増え、小さなムラができる
The number of pit dwellings is increased and small colonies are created in the eastern part of Aomori.
漆が利用される
約9000年前以降、日本海に暖流が北上するようになり、日本海側で雪が降るようになる
青森東部(県南地方)に狩猟用の落し穴と考えられる溝状の土坑がたくさんつくられる
貝塚がつくられる
縄文海進により八戸にも広大な内湾が生じ、その周辺を中心に長七谷地赤御堂などに貝塚がつくられる
By the rising of the sea level, an inner bay is created in Hachinohe and shell mounds are created around Hachinohe.
約6000年前頃、関東平野で縄文海進がピークに達する
約7000年前頃、黒潮(日本海流)が三陸沖まで北上、北からの寒流の親潮(千島海流)と合流するようになる
B.C.5000~
縄文前期
Early Jomon
B.C.5000~
縄文前期
Early Jomon
東日本において集落数が増え、規模も拡大し、中央広場を囲んで土坑や竪穴建物が並ぶ環状集落がつくられ始める
In eastern Japan, the number of settlements is increased, those scales are expanded and circular settlements with pits and pit dwellings surrounding the central square begin to be created.
約5900年前、十和田火山がまた噴火(十和田中掫火山灰/中掫浮石)
クリのほか、ヒエ属やマメ類の利用もはじまる
日本列島の各地域でデザインの異なる土器がつくられる
津軽海峡を挟んだ北海道南部・東北北部地域に「円筒土器」をつかうムラが広がる 新井田川流域や海浜部に大きなムラができる
The colonies where “cylindrical earthenware” is used spread in the southern part of Hokkaido and the northern Tohoku region. Large colonies are formed on Niida River basin or coastal areas.
畑内に長軸20mに達する大型竪穴建物がつくられる 一王寺に貝塚がつくられる
B.C.3000~
縄文中期
Middle Jomon
B.C.3000~
縄文中期
Middle Jomon
土器が大型化する 新潟の信濃川流域で、燃え盛る炎のような形状が特徴的な「火焔型土器」がつくられる
Potteries become bigger.
「円筒土器」の装飾が立体的になる
北海道から日本海側にかけアスファルトが採取され北海道・東北各地のムラに流通し接着剤としてつかわれる
Asphalt is collected on the region from Hokkaido to Japan Sea side, distributed in the colonies of Hokkaido or Tohoku region and used as an adhesive.
三内丸山のムラが大規模化する
北陸のヒスイや北海道の黒曜石などが流通し、八戸地域にももたらされる
Jades from Hokuriku region and obsidians from Hokkaido are distributed and brought to Hachinohe area.
土偶・石棒などの祈りの道具が盛んに用いられる
Tools for play such as Dogu(clay figurines)or stone sticks are used often.
東北南部の「大木式土器」の特徴が、八戸地域にも伝わり、在地の土器と融合する
B.C.2000~
縄文後期
Latel Jomon
B.C.2000~
縄文後期
Latel Jomon
現在に近い気候となり、現在の海岸線となる 大きなムラはなくなり、小さなムラがふえる
The climate becomes close to the one today and the coastline becomes the one today. Big colonies are disappeared and small colonies are increased.
海水面が現在に近くなり、低湿地が増加
Sea level becomes closer to the one today and lowlands are increased.
北東北で大規模環状列石がつくられる
たくさんの建物が並ぶような大きなムラがなくなり、わずかな建物による小さなムラが増える
中期末頃の東北地方の抜歯の風習が、東海地方にまで広がる
磨り消し縄文を特徴とする「十腰内式土器」が東北北部から北海道南部で広くつかわれる
注ぎ口のついた土瓶のような「注口土器」がつくられる
風張に八戸地域有数のムラができる 合掌土偶や頬杖土偶がつくられる
One of the leading colonies in the Hachinohe area is formed in Kazahari.
北海道を除く東日本沿岸で、塩が作られ始める
Salt begins to be created on coastline of eastern Japan except Hokkaido.
B.C.1000~
縄文晩期
Fina Jomon
B.C.1000~
縄文晩期
Fina Jomon
北東北を中心に「亀ヶ岡文化」がひろがり、北海道・関東・北陸・中部・東海・九州・沖縄まで影響をみせる
“Kamegaoka culture” which are characterized by Shakokidogu (goggle-eyed clay figurines) and potteries with splendid decorations is spread around the north Tohoku region and influences the regions from Hokkaido to Kyushu or Okinawa.
青森全体でムラが減る
西日本で「突帯文土器」が広くつくられる
中居に多数の墓や複数の送り場がつくられ人びとが集い、美しい土器・土偶や漆製品をつくって、それらを送るまつりがおこなわれた
At Nakai, many burials or multiple Okuriba (holy places to send lives or souls to afterlife) are formed. People gather, create beautiful potteries, Dogu (clay figurines) or lacquers and do spiritual rites.
《弥生時代への移行は地域差がある(北部九州前950年頃・西日本前400年頃・関東前300年頃・東北前450年頃)》
《弥生時代への移行は地域差がある(北部九州前950年頃・西日本前400年頃・関東前300年頃・東北前450年頃)》
B.C.1000~
弥生早期
Initial Yayoi
B.C.1000~
弥生時代(東北は縄文晩期続く)
Initial Yayoi
北部九州で水位を調整する井堰や水路を使用するなど、本格的な水稲耕作が行われるようになると、「環濠集落」が出現し、前期以降西日本各地に広がる
Authentic rice-paddy cultivations using waterways or weirs controlling water flow are started in northern Kyushu.
《現在のところ、この時期の水田が発見されていない青森(県)では、弥生時代早期は設定されていない》
《At present, in Aomori (prefecture) where paddy fields at that time have not been discovered, the Initial Yayoi period is not clarified.》
稲作の伝播とともに縄文的な土器から弥生的な土器へと変化する
B.C.9c 頃~
弥生前期
Early Yayoi
B.C.9c 頃~
弥生早期(B.C.5c-B.C.4c頃弥生時代へ)
Early Yayoi
北部九州に鉄器・青銅器が大陸から伝来
Ironware and bronzeware are brought from the continent to northern Kyushu.
《弥生時代の青森(県)は、縄文文化の伝統の上に、南の弥生文化と北の続縄文文化双方と交流し続けた (東北地方への稲作の伝播は紀元前450年頃)》
《In the Yayoi period, based on the tradition of the Jomon culture, the southern Yayoi culture and the northern post-Jomon culture keep interacting in Aomori (prefecture). The spread of rice cultivation to the Tohoku region is around 450 BC.》
水田稲作と共に「遠賀川式土器」も、西日本を中心に北海道を除く日本列島へ広がっていく(遺跡数も増加)
前期中葉には、弥生文化を部分的に受容する一方で、土偶・土版など縄文文化の伝統も継続
直接土の穴に埋める土坑墓の他、地域により特徴的な「墓制」が生じてくる
馬淵川や新井田川下流域に多数の遺跡分布 中でも風張⑴遺跡では比較的規模の大きい集落が存在した
B.C.4c頃~
弥生中期
Middle Yayoi
B.C.4c頃~
弥生中期
Middle Yayoi
鉄器は道具などの利器や武器として、青銅器は祭祀などでの儀器や副葬品として製造が広まっていく
The creations of ironware as tools or weapons and bronzeware as burial goods or ceremonial tools used in spiritual rites are spread.
竪穴住居内での祭祀が行われる
北部九州で特定個人墓に青銅器の集中副葬が始まる
中期中頃以降、青森(県)内全体として集落は小規模化・分散化する
From the middle of the Middle Yayoi period, the settlements in Aomori become smaller and more decentralized.
西日本の拠点集落では、高床式大型建物が造営され始める
遺跡が減少するだけでなく、竪穴の掘込みが浅く貧弱なものが目立つようになる
B.C.1c頃~
弥生後期
Late Yayoi
B.C.1c頃~
弥生後期
Late Yayoi
鉄器の普及が進み、石器が急激に減少していく
57
倭奴国王、後漢に使者を遣わし、光武帝から印綬を受ける
In 57, Wanonano-kokuo sends the envoy to the Later Han Dynasty and receives Inju (seal) from Emperor Kobu.
畑内(遺跡)・楢館(遺跡)・田向冷水(遺跡)などに竪穴建物跡が残される
Pit dwellings are built at Hatanai (site), Naradate (site), Tamukai-hiyamizu (site) or so on.
土器が消耗品となっていき、装飾を失い粗略化していく一方、祭祀・埋葬用は依然丁寧に作られる
連弧文の施された紡錘車が存在(根城跡)
Spindles with half-circle design exist.
「方形周溝墓」が、東北地方にも見られるようになる
西日本を中心に、大型墳丘墓が築かれるようになり、北九州では中国製や日本製の銅鏡が副葬される
Large-scale funkyubo (grave mound) begin to be built mainly in western Japan.
後期中頃には、「天王山式土器」と「続縄文土器」が共に使用される
239
邪馬台国の卑弥呼、魏に使者を遣わす
In 239, Himiko of Yamatai-koku kingdom sends the envoy to Wei.
3c中頃~
古墳前期
Early Kofun
3c中頃~
古墳前期
Early Kofun
奈良盆地などに「前方後円墳」が出現 古墳時代前期に、九州南部から東北中部まで広がる
"Zenpo-koen-fun" (keyhole-shaped tumuli) appear in Nara Basin or so on. They are spread from the southern Kyushu to the middle of Tohoku region in the initial Kofun period.
《現在の北海道、青森県、秋田県、岩手県内陸南部以北に「前方後円墳」は造られなかったとみられる》
《It seems that “Zenpo-koen-fun” (keyhole-shaped tumulus) are not constructed in the region of Hokkaido, Aomori, Akita and the northern Iwate prefectures.》
この頃の古墳の副葬品は、銅鏡や碧玉製品など呪術的な用途のものが多い
「続縄文土器」の分布が、北東北だけでなく日本海側は新潟(県)、太平洋側は福島(県)まで到達する
東北最大全長168mの雷神山古墳をはじめ、仙台平野や会津盆地に大型「前方後円墳」「前方後方墳」が造られる
この時期の遺跡は青森県内に約70か所あるものの、墓以外の生活痕跡は発見されていない
4c末頃~
古墳中期
Middle Kofun
4c末頃~
古墳中期
Middle Kofun
391
倭軍が百済・新羅を攻撃する(広開土王碑文)
4c末に北部九州に馬具がもたらされ、徐々に乗馬の風習も普及していく
In the end of 4C., harness is brought in the northern part of Kyushu and the custom of horseback riding begins to spread gradually.
4c頃から導入された武具(甲冑)が量産され、古墳の埋葬品も呪術的なものから武器や武具・馬具へ変化
「続縄文文化」の土坑墓群が形成される(市子林)
Pit burials of “Post-Jomon culture” are formed at Ichikobayashi.
4c末、北部九州で「横穴式石室」が採用され始める
大阪府陶(すえ)村で、朝鮮の陶工が「須恵器」を作り始め、その後各地に広まる
この頃、東北南部から「土師器」と「須恵器」がもたらされる(笹ノ沢(3) 市子林 八戸城 田向冷水
竪穴建物にカマドが備わるようになっていく
カマドをもつ竪穴住居・祭祀具・土師器など、北東北では稀な古墳文化の集落が造られる(田向冷水)
People who have Kofun culture which is rare in the northern Tohoku and characterized by ritual tools, Haji wares, pit dwellings with kamado (furnace) or so on live at Tamukai-hiyamizu.
大王墓とみられる巨大「前方後円墳」が、大阪平野を中心に造営される(百舌鳥古市古墳群など)
Large “Zenpo-koen-fun” (keyhole-shaped tumuli) which seems to be the ones of kings, such as Mozu-furuichi-kofun-gun or so on, are constructed mainly in the Osaka Plain.
鉄製農具が発展し、農耕への牛馬利用も行われ、大規模土木事業による灌漑施設が造られていく
5~6cにヤマト政権の氏姓制度が確立
A system of clans and hereditary titles by Yamato government is established in between 5C. to 6C..
6c頃~
古墳後期
Late Kofun
6c頃~
古墳後期
Late Kofun
5c半ばに大和・吉備で造営された群集墳が、古墳時代後期に各地に広まる また「横穴式石室」も普及
副葬品に「土師器」や「須恵器」が増え、壺形埴輪は消滅していき、動物埴輪が多様化、人物埴輪は関東で盛行
6c中頃には、続縄文土器がほぼ作られなくなり、替わって東北北部型土師器が出現する
513
百済から五経博士が送られ、体系的な儒教が伝来
縄文の付けられた土器も消滅していく(田向冷水遺跡)
526
継体天皇(513年即位)が大和に入り、磐余(奈良県桜井市)に都を定める
In 526, Emperor Keitai who is enthroned in 513 goes to Yamato and establishes the capital at Iware (Sakurai City, Nara Prefecture).
In the middle of 6C., almost no post-Jomon potteries are created and the northern Tohoku style Haji wares are created instead. The potteries with jomon (rope-pattern) begin to be disappeared.
538(552)
百済の聖明王から仏像・経典などが送られてくる(仏教公伝)
In 538/552, Buddha statues and scriptures are sent from the king of Paekche, Seimeio. This is the official introduction of Buddhism.
この頃までに、在地の有力豪族を国造に任命し、朝貢や貢納・労役の提供などにより服属させる国造制が確立する
《国造の北限が、仙台平野から新潟平野まで及ぶ》
6c半ば、九州を中心に「装飾古墳」が盛行
552
仏教を推進する蘇我稲目と反対する物部尾輿を中心に崇仏論争が起こる
《581年、隋(581-618)建国 589年、隋が南朝の陳を滅ぼし南北朝を統一》
587
蘇我馬子・厩戸皇子(聖徳太子)が物部守屋を亡ぼし、以後乙巳の変まで蘇我氏が政治の中心となる
In 587, Soga-no Umako and Prince Shotoku kill Mononobe-no Moriya, and Soga clan becomes the center of politics.
588
蘇我馬子による日本初の本格的寺院法興寺(飛鳥寺)建立開始(596年完成)
In 588, Japan’s first full-scale temple Hoko-ji (also called as Asuka-dera) begins to be built by Soga-no Umako and completes in 596.
6c後葉以降、集落が増え始める(根城東構 新井田古館)
From the late 6C., settlements begin to be increased at Nejo-higashigamae, Niida-furudate.
592
蘇我馬子が崇峻天皇殺害 推古天皇が飛鳥で即位し、翌年厩戸皇子(聖徳太子)を皇太子に立て、摂政とする
In 592, Empress Suiko is enthroned as the first woman who becomes an emperor in Japan.
《東北は、ヤマト政権支配下外の地域が多く、中央とは集団ごとに異なる関係をもつ(エミシの時代)》
《In the Tohoku regions, many areas are not under the control of Yamato Administration and each has different relationships with it. This era is called as the Emishi period.》
7c初め「前方後円墳」の造営が無くなり、方墳や円墳に変わる また、東北中部まで横穴式石室の古墳が多く造営
600
中国との約120年ぶりの直接外交となる、最初の遣隋使派遣(『随書』)
In 600, the envoys are sent to Sui dynasty China as a direct diplomacy after about 120 years.
7cになると、現在の青森県に関わる記述が中央の文献類に現れるようになる
603
冠位十二階制定 翌年憲法十七条を制定、また初めて暦日を用いる
In 603, Kani-juni-kai (twelve cap rank system) is established and the next year, the Seventeen Article Constitution is established. A calendar day is used for the first time.
607
小野妹子を隋へ派遣「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す」 法隆寺(斑鳩寺)建立
7c頃から東北北部では、「末期古墳」と呼ばれる墳墓が造られるようになる
608
高向玄理、僧、僧南淵請安ら留学
610
高句麗僧曇徴が、彩色・紙・墨などの製法を伝える
7~9c、阿光坊に最大200基ほどと推定される、東北北部を代表する末期古墳群が造られる
From 7C. to 9C., the last Kofun (tumuli) are constructed at Akobo. They represent tumuli in the northern Tohoku and the estimated maximum number is 200.
《618年、隋が滅亡し、唐(618-907)建国》
630
犬上御田鍬らを唐に派遣(第1回遣唐使)
In 630, the envoys are sent to Tang dynasty China.
640
入唐学問僧南淵請安・留学生高向玄理帰国(学問僧は632年帰国)
643
蘇我入鹿が、聖徳太子(622没)の子・■山背大兄王□らを襲い、斑鳩宮で王一族没す
馬淵川下流域の根城東構に、7c前半~10cの長期にわたり、大型竪穴住居を含む集落が、断続的に営まれる
645
中大兄皇子、中臣鎌足らが蘇我入鹿を暗殺、蝦夷自殺(乙巳の変)
ヤマト政権が、国造の領域外に城柵を置き、周辺に関東などから移民(柵戸)を送り支配領域を拡大
Yamato Administration builds Josaku (castles or fences around it) at outside of the territories, sends immigrant called Sakuto from Kanto region or so on and expands the territory by military power.
646
「改新の詔」を発布
647
《エミシ統治のため渟足柵設置 翌年磐舟柵設置 同じ頃、現在の宮城県仙台市に官衙(役所)が造営(郡山遺跡)》
従来の「クニ」を分割して評という地方行政組織を設置し、長官である評督に国造を任命して一元的支配を行うようになる
この頃、東北南部に陸奥国が設置される
改新後、ヤマト政権は、支配領域拡大を目的とし、エミシ服属のための軍を派遣するようになる
655
《新潟地方のエミシ99人、陸奥のエミシ95人が朝貢、津軽のエミシに冠位授与(朝貢・饗宴・冠位などによる服属)》
658~660
《阿部比羅夫、3度水軍を率い齶田渟代(能代地方か)、津軽などのエミシを討ち、郡領任命など行う》
663
倭・旧百済軍が、唐・新羅軍に白村江で大敗 翌年、 唐・新羅の侵攻に備え防人を設置、筑紫に水城を築く
659
《遣唐使にエミシが同行し高宗に謁見》
668
天智天皇(中大兄皇子)即位
670
日本最初の全国的な戸籍「庚午年籍」作成
670, the first nationwide family registration system “Kogo-nenjaku” is established.
7cには、記紀などの文献資料に「蝦蛦」「蝦夷」の字が使われる(これ以前には「毛人」と記載)
672
天智天皇の子・大友皇子と弟・大海人皇子が皇位継承をめぐり内乱(壬申の乱)
673
天武天皇(大海人皇子)、飛鳥浄御原で即位し皇親政治を行う
680
天武天皇が、皇后(持統天皇)の病気平癒を祈願し、薬師寺建立を発願
7c後半~8c前半 馬淵川流域を中心に新井田川流域など八戸(市)内の竪穴住居数が大幅に増加
From the late 7C. to the early 8C., the number of the pit dwellings in Hachinohe city is increased significantly.
天武・持統朝(673-697)頃、国家的神祇祭祀が体系化されていく
馬淵川下流域の標高100mの段丘上に、畑作を中心とする集落が営まれ、規模の異なる竪穴住居群がみられる(田面木平⑴)
この頃、柿本人麻呂など文学も盛行
At this time, literature like waka (Japanese poetry) or Chinese poetry becomes popular.
694
持統天皇が、日本最初の本格的都城である「藤原京」に遷都
この頃、持統天皇による班田収授開始
馬淵川右岸に、鹿島沢古墳(7c後半)、丹後平古墳群(7c後葉~9c後半)が作られる
At the right bank of Mabuchi River, Kashimazawa tumuli (late 7C.) and Tangotai tumuli (late 7C. - late 9C.) are constructed.
701
刑部親王藤原不比等らを中心に「大宝律令」(日本最初の律令法典)制定
In 701, the first legal code in japan called Taiho code is completed.
702
持統太上天皇崩御 約30年ぶりの遣唐使として、山上憶良ら派遣
7cの竪穴住居から北海道産の黒曜石剥片がまとまって出土しており、祭祀に伴うものとみられる(根城跡
708
和同開珎発行(711年には銭貨の流通を図るため蓄銭量に応じて位階を授ける蓄銭叙位令施行)
《8c初頭以前より、陸奥国村(岩手県中北部沿岸)のエミシが、コンブ貢納による朝貢を行う》
7c末ー8c初の大陸風の壁画古墳(高松塚古墳・キトラ古墳)造営
710
元明天皇、平城京遷都 藤原不比等により興福寺も平城京に移転
In 710, the capital is relocated to Heijo-kyo.
8c初頃 「蝦夷」の読みとして「エミシ」の他に、「エビス」も定着していく
712
『古事記』成立 翌年、諸国に『風土記』の編集を命じる
In 712, the first and oldest history book in japan, the Kojiki, is completed.
7c後葉~8c前葉の県内最古の馬歯が土坑よりみつかる(丹後平古墳群)
717
国家の許可なく得度する私度僧が増え、行基などの仏教の民間布教活動を禁じる
720
『日本書紀』成立 隼人の反乱(大伴旅人が鎮圧し九州南部支配も確立) 陸奥のエミシ反乱 藤原不比等死去
In 720, a chronicle, the Nihon Shoki, is completed.
8cには、青森(県)の津軽地方や上北地方でも集落が増加していく
723
三世一身法発布
720
《陸奥国のエミシよって大規模な反乱が起きる》
724
聖武天皇即位 陸奥国に多賀城設置
729
藤原四子の謀略により長屋王自害(長屋王の変) 光明子が光明皇后となる
737
2年前から大流行した天然痘により、藤原四子死去
740
藤原広嗣の乱
741
国分寺・国分尼寺建立の詔
城柵設置が北進したことにより、8cの律令国家の支配領域は、太平洋側では宮城(県)全域、日本海側では秋田(市)周辺にまで及ぶ》
743
墾田永年私財法
In 743, Konden-einen-shizai Law which allowed permanent ownership of newly cultivated land is issued.
8c前半頃に是川で鍛錬鍛冶が行われていたか(潟野遺跡)
749
聖武天皇譲位し、孝謙天皇即位 藤原仲麻呂の補佐により光明皇太后が国政を執る 陸奥国より金献上(国内初の産金)
《この頃、陸奥国分寺が建立される》
751
日本最初の漢詩集『懐風藻』成立
752
東大寺の大仏開眼供養(743年大仏造立の詔)
In 752, the Kaigen-kuyo ceremony for the Daibutsu at Todai-ji temple is held.
8c後半~9c頃、津軽地方、秋田(県)、宮城(県)北部、北海道にも末期古墳が造られるようになる
754
鑑真来日し、東大寺に戒壇を築く
756
聖武太上天皇崩御 (その後、遺愛品などが正倉院へ納められる)
764
恵美押勝(藤原仲麻呂)の乱 孝謙太上天皇が称徳天皇として重祚 僧道鏡が重用されていく
767
《陸奥国の伊治城が造られる》
770
宇佐八幡神託事件 称徳天皇崩御 藤原氏により光仁天皇即位(天武系天皇が終わり天智系復活へ)
774
桃生城をエミシが焼き払う(三十八年戦争始まる)
The Emishi who live in the northern Japan revolt in large-scale, as the region controlled by the government based on Ritsuryo system reaches to all over the Miyagi prefecture and around Akita city in 8C..
この頃『万葉集』成立(現存最古の和歌集)
In around the late 8C., the oldest existing poetic anthology of waka (Japanese poetry), the Manyoshu, is completed.
780
《エミシの有力者であった陸奥国伊治郡の大領・伊治呰麻呂が反乱を起こし、按察使・紀広純らを殺害、多賀城を攻め落とす》
781
桓武天皇即位
789
《陸奥国胆沢地方のエミシ・阿弖流為(アテルイ)が、征東将軍・紀古佐美軍を破る》
794
桓武天皇が、平安京遷都(784年長岡京遷都)
In 794, the capital is relocated to Heian-kyo.
789~801
《三度にわたるエミシ征伐(794年大伴乙麻呂率いる10万の軍、801年坂上田村麻呂により平定)》
From 789 to 801, there are three conquests to the revolt by Emishi, and Aterui and the others surrender.
797
坂上田村麻呂、征夷大将軍に任命
797
『続日本紀』で東北の日本海側を「蝦狄」、太平洋側を「蝦夷」と区別 エミシのムラの存在も記載
802
《エミシを平定した坂上田村麻呂が陸奥に胆沢城を、翌年志波(斯波)城創建》
805
最澄帰国(804年入唐)し天台宗を始める
In 805, Tendai tradition is founded by Saicho.
805
《桓武天皇が徳政相論を行わせ、民の負担となっていた征夷と造都の中止を決定》
806
空海帰国(804年入唐)し真言宗を始める
In 806, Shingon tradition is founded by Kukai.
この頃、3つの勅撰漢詩集『凌雲集』(814)・『文華秀麗集』(818)・『経国集』(827)成立
811
文室綿麻呂が岩手(県)北部に侵軍、エミシを服属させる(三十八年戦争終結) 律令体制による和賀郡稗貫郡斯波郡設置
In 811, by the advancing to the northern Iwate pref., Emishi are subjected.
812頃
《水害の危険のため、志波(斯波)城が廃城となり徳丹城へ縮小移転》
816
空海が高野山金剛峰寺を開基し、823には嵯峨天皇から教王護国寺(東寺)を賜る
815
エミシの馬を貴族が求め、馬の値が高騰、国家の兵馬が不足する
821
藤原冬嗣、勧学院創立
830
《陸奥・出羽の国分寺で、疫病収束祈願が行われる》
857
藤原良房(北家)が臣下で初の太政大臣となる 
《9c中頃、征夷の重要性が低下し、陸奥国・出羽国の城柵は、国府多賀城・鎮守府胆沢城など6カ所に削減されていく》
《9c後半、胆沢城の北9㎞に国見山廃寺建立》
879
元慶官田の設置
878
出羽国雄物川以北のエミシが反乱し、秋田城などを焼く(元慶の乱)
9c末頃、神仏習合が進み、薬師寺僧形八幡神像が造られる
9c後半、青森(県)の集落が増加し、10c前半にかけ鉄生産・製塩・ロクロ技術なども発展していく
In the late 9C., the number of settlements in Aomori pref. is increased. And iron production, salt production, potter’s wheel and others re developed to the early 10C..
894
菅原道真の建議で遣唐使派遣中止
In 894, sending envoys to Tang dynasty China is stopped.
《9c後半、エミシの朝貢が京都から各城柵にかわり、地方政治の権力が国司など上級官人へ集中していく》
897-930
醍醐天皇による延喜の治
901
菅原道真が大宰権帥に左遷される(昌泰の変)
905
醍醐天皇の命で紀貫之らにより最初の勅撰和歌集『古今和歌集』成立
In 905, the first poetic anthology of waka (Japanese poetry) by the Imperial command, the "Kokin-wakashu", is completed.
9cの青森(県)の末期古墳は南部地方に多く、10cになると津軽地方でも増加していく
この頃、物語文学『伊勢物語』成立
Around this time, a literature of tale, the "Ise-monogatari" (The Tales of Ise), is completed.
武士が登場してくる
Bushi (warriors) appears.
10c頃、仏教文化が、北東北のエミシ社会へも広がっていく
Around 10C., the Buddhist culture begins to be expanded into the society of Emishi in the northern Tohoku.
915頃
十和田火山の噴火(過去2000年で日本最大級)により、東北に広く火山灰が降る(十和田a火山灰)
939
承平・天慶の乱(平将門の乱・藤原純友の乱)
『延喜式』に陸奥国の中央政府への交易雑物として、葦鹿皮、独犴皮、砂金、昆布、索昆布、細昆布などが記載される
10c前半、東アジアの再編が進み、安定してきた10c後半頃から宋との民間貿易が盛んになる
From the late 10C., the private trades with Song dynasty become active.
930-40年代、朝鮮半島の白頭山噴火(過去2000年で世界最大級)で、北海道~秋田まで火山灰が降る(白頭山-苫小牧火山灰)
人身賦課から土地賦課へ転換していく過程で、受領が力を持っていく
The taxation system is converted from an individual tax imposition system to a land tax imposition system.
《10c後半頃から、都人の和歌に「そとのはま・つがる・をぶち・いはて」など北東北関連の歌枕が使われる》
985
源信『往生要集』成立
10c後半には、県内で馬産が盛んとなり(林ノ前)、陸奥国では都へ馬を貢納する陸奥国交易馬制度が定着する。
In the late 10C., horse breeding becomes active in Aomori pref. and the system to present horses to the capital is established in the country of Mutsu, a part of Akita, Aomori, Iwate, Miyagi and Fukushima pref. at present.
993
天台宗円珍系の僧ら(寺門派)1000人が比叡山を下り園城寺(三井寺)に入り、円仁系(山門派)と対立(僧兵も動員し激化していく)
《10c後半頃には、城柵の支配機能がほぼ停止し、陸奥国では鎮守府将軍、出羽国では出羽城介が実権を強める》
995
藤原道長に内覧の宣旨を賜う(以後、子の頼通が関白隠退(1067)まで、摂関政治の全盛期)
The heyday of the sekkan-seiji (regency politics) by Fujiwara family.
《10c頃から胆沢・江刺・和賀・稗貫・斯波・岩手を「奥六郡」、出羽の雄勝・平鹿・山本を「山北三郡」と呼ぶようになる》
儀礼・年中行事など生活文化も、唐風から国風化が確立されていく
In the cultural aspect, Japanese-style is established from Chinese-style.
《10c後半、安倍氏が奥六郡を中心に権力を確立》
この頃、女流文学『枕草子』(996-1008頃・清少納言)、『源氏物語』(1008頃・紫式部)成立
The literature by female author like "Makurano-soshi" (The Pillow Book, around 1008, by Seshonagon) or "Genji-monogatari" (The Tale of Genji, around 1008, by Murasaki-shikibu) is completed.
10c後半~11cの北東北では、濠や土塁に囲まれた環濠集落が出現
1013頃
貴族の間で歌謡などが流行し、藤原公任の撰による『和漢朗詠集』成立
10c後半~11c前半、八戸で鉄のほか、金・銀・銅の金属生産が行われる(林ノ前)
1051~1062
前九年の役(源頼義・義家父子が陸奥の安倍頼時・貞任・宗任らを討伐)
奥六郡より北の八戸を含む地域には、複数の有力集団が存在
In the region from the northern Iwate, including Hachinohe, there are multiple powerful communities.
1053
平等院鳳凰堂完成
1062
《 前九年の役(1051~)が終了し、安倍氏に代わり出羽の清原氏が、山北三郡に加えて奥六郡も支配するようになる》
寄進地系荘園の拡大
1068
宇多天皇以来170年ぶりに、藤原氏を外戚としない後三条天皇即位し、強力に親政を推し進める
After 170 years, the direct imperial rule without Fujiwara families is conducted.
1069
延久の荘園整理令
1070
陸奥守源頼俊と清原真衡が北海道・閉伊地方を遠征(延久北奥蝦夷合戦 その後、青森県内にも郡制がしかれたか)
この頃 歴史物語『栄花物語』(11c)成立
1083~87
後三年の役(源義家が清原氏を滅ぼす)
11~12c 青森(県)内の集落建物が、竪穴建物から平地式建物へ変化
From 11C. to 12C., the structures of the settlements in Aomori are changed from pit dwellings to flat-land dwellings.
1090
白河上皇(院政期1086~1129)の熊野御幸 以後熊野信仰が広まる
1087
後三年の役(1083~)が終わり、清衡が清原氏の所領を継承、藤原姓となり平泉に本拠地を移して奥州藤原氏の祖となる
In 1087, Minamoto-no Yoshiie destroys Kiyohara family who controls the Ou region (almost same region as the Tohoku) in the Gosannen-no-eki war and inherited there by Oushu Fujiwara family.
この頃、説話集『今昔物語集』(12c前半)成立
11c末~12c初、青森(県)東半部と岩手最北部は「糠部」とされる
From the end of 11C. to the begging of 12C., the eastern Aomori pref. and the northern Iwate are called as “Nukanobu”.
平安後期、激しさを増す僧兵の強訴対策に、院直属の北面の武士が活躍、特に伊勢平氏が中央で力をつける
《11c末~12c初、白河関から外浜へ東北を縦貫する「奥大道」が完成(原型は10c半ば頃)》
《1125年 金が遼を滅ぼす 1127年 北宋滅亡し、南宋成立》
12c初め頃から、陸奥国交易馬が無くなり、奥州藤原氏による「国土貢」に委ねられ貢馬が行われる
1156
保元の乱(1159年 平治の乱)
1150
《平泉の藤原基衡が毛越寺本尊を造営(京都の仏師に糠部の駿馬50疋などを贈る)》
1158
後白河上皇・法皇の院政(~1179、1181~1192)開始
1167
平清盛、太政大臣となり平氏が権力を掌握
After the Hogen Disturbance in 1156 and the Heiji Disturbance in 1159, in 1167, Taira-no Kiyomori becomes Dajo-daijin (Grand Minister) and takes firm control.
平安後期頃、宮中などで今様、猿楽、田楽など、庶民の文化が吸収され、絵巻物にも庶民の生活が描かれる
Around the late Heian period, the culture of ordinary people, such as Imayo, Sarugaku or Dengaku (all are Japanese traditional performance art with music and dance), is absorbed in the imperial court and the lifestyle of ordinary people is drawn on emakimono (picture scroll).
1170
平泉の藤原秀衡が、鎮守府将軍に就任
1175
法然が、専修念仏を布教する(浄土宗開宗)
1179
清盛が、後白河法皇を幽閉(1180年源頼朝・源義仲挙兵 1181年平重衡の南都焼打ち)
平泉の藤原秀衡の子・隆衡が、頼朝に三戸・七戸産の馬を贈る
1185
壇の浦の戦いで平氏滅亡
In 1179, Cloistered Emperor Goshirakawa is confined by Kiyomori. On the next year, the Battle of Genpei brakes out and Taira family is destroyed in the Battle of Dannoura in 1185.
1184
『源平盛衰記』に七戸立の馬・三戸立の馬・一戸立の馬が記述される
In “Genpei Seisuiki” which is written about the battle between Minamoto and Taira families, the horses from Shichinohe, Sannohe and Ichinohe are written as the horses of great commanders of Minamoto family.
1185
源頼朝が、守護地頭を設置
In 1185, Minamoto-no Yoritomo sets up Shugo and Jito (military governor and land steward).
1189
義経は、1187年に奥州藤原氏3代秀衡のもとに逃れるが、まもなく秀衡が死去すると、1189年、4代藤原泰衡が義経を襲撃し、義経自害 頼朝が泰衡を討ち、奥州平定
1189
奥州藤原4代泰衡は、頼朝の要求で義経を自害に追い込むが、頼朝は奥州合戦(南部光行参戦)で平泉を占領、奥州惣奉行設置
The last head of Oshu Fujiwara family, Yasuhira forces Yoshitsune, the brother of Minamoto-no Yoritomo, into suicide by the order of Yoritomo. But his land, Hiraizumi, is occupied by Yoritomo by the Battle of Oshu, which Nanbu Mitsuyuki participates in.
1189
逃れた泰衡は、北海道へ向かう(糠部にも赴く)が比内郡で殺害 秋田(県)八郎潟付近で藤原氏遺臣・大河兼任蜂起
奥州合戦(1189)・大河兼任の乱(1189~90)を経て、奥羽の大半が関東有力御家人の支配となる
1190
大河兼任、外浜から糠部の間に城郭を築き、立て籠るも鎮圧される
『吾妻鏡』の1190年後白河上皇の院宣に「戸立の馬」と記載される
1190
源頼朝が、日本国総追捕使・総地頭に任命
1190
頼朝上洛に甲斐源氏の南部光行も随行
In 1190, Yoritomo goes to the capital Kyoto and Nanbu Mitsuyuki goes with him.
1199
頼朝没し、頼家が継承するが13人の合議制へ 東大寺南大門再建
After the death of Yoritomo in 1199, the Hojo family, the family of his widow Masako, rules as Shikken (regent).
1203
北条時政が源実朝を3代将軍につけ、自ら執権就任 2代頼家を修善寺に幽閉
1205
藤原定家らにより勅撰和歌集『新古今和歌集』成立
In 1205, a poetic anthology of waka (Japanese poetry) by the Imperial command, the “Shin-kokin-wakashu”, is completed by Fujiwara-no Teika and others.
1190~1331
鎌倉幕府から朝廷へ貢馬の儀礼が行われ、何度か糠部の馬も献上される
From 1190 to 1331, the horses at Nukanobu are presented from the Kamakura Shogunate to the imperial court several times.
1212
鴨長明『方丈記』成立
1213
北条義時が、対立する和田義盛を滅ぼし侍所別当を兼任
1219
3代将軍実朝が公暁に殺され、源氏将軍途絶える 4代将軍藤原頼経就任(「尼将軍」北条政子が実権を握る)
In 1219, the third shogun, Sanetomo, is murdered and Yoritomo’s lineage is extinguished. Fujiwara-no Yoritsune becomes the 4th shogun, but the real power is on Hojo Masako who is called as “Ama-shogun” (nun shogun).
この頃『平家物語』成立
Around the end of the Initial Kamakura period, “Heike-monogatari” is completed.
1221-1246
鎌倉中期
Middle Kamakura
1221-1246
鎌倉中期
Middle Kamakura
1221
承久の乱 六波羅探題設置
In 1221, the retired Emperor Gotoba orders the subjugation of Hojo Yoshitoki; but by the leadership of Hojo Masako, almost all bushi (warriors) in Kanto region are on the shogunate side and Gotoba’s side is defeated. This is known as the Jokyu Disturbance. After that, three retired Emperors are banished and the shogunate has advantage over the court.
奥羽は、北条氏勢力の所領となっていく(北条氏の所領以前の鎌倉初期の糠部の地頭は不明)
The Ou region (almost same region as the Tohoku) begins to be the territory of Hojo’s power. The Jito (land steward) of Nukanobu before the control by Hojo family, the initial Kamakura period, is unknown.
1224
北条義時死去、泰時が3代執権に就任 翌年、政子死去
1224
親鸞『教行信証』成立(浄土真宗開宗)
In 1224, Shinran founds the Jodo-shin-shu sect of Buddhism.
1227
道元が、宋より帰国し曹洞宗を広める(曹洞宗開宗)
In 1227, Dogen comes back from Song dynasty and founds Soto-shu sect.
1231
寛喜の大飢饉
1232
日本最初の武家法「御成敗式目」制定
1238
4代将軍藤原頼経上洛(南部氏も随行)
1242
幕府が皇位継承に介入し、後嵯峨天皇即位
1240
4代将軍藤原頼経、二所詣で出立(南部実光も随行)
In 1240, the fourth shogun Fujiwara-no Yoritsune goes on a pilgrimage called Nisho-mode, and Nanbu Mitsuyuki goes with him.
13c前半頃『北野天神縁起絵巻』作られる
1246
執権北条時頼が、糠部五戸の地頭に佐原盛時を任命(これ以前に糠部が北条氏の所領となる)
In 1246, the Shikken (regent) Hojo Tokiyori appoints the Jito (land steward) of Nukanobu-Gonohe where has become the territory of Hojo family before that.
二毛作などによる農業生産性向上、また手工業・金融・流通も発展
In the Kamakura period, the agricultural productivity is improved by double cropping or so on. The handicraft, finance and distribution have also developed.
鎌倉時代に囲碁・将棋・双六が流行、白拍子の歌舞や田楽・猿楽も盛んになるなど武士や庶民の生活文化も変化
Go, Shogi, Dengaku or Sarugaku have become popular and the life-style of bushi (warriors) or commoners has changed.
地頭の荘園侵略が増え、地頭請所・下地中分などが行われる
1246
北条時頼執権に就任 後嵯峨天皇が譲位し、院政を行う 蘭渓道隆来日
The Hojo family who keeps the power begins to incorporate new cultures such as architecture style, Chinzo (a portrait or a sculpture of a priest of the Zen sect of Busshism), ink painting or Confucianism from Song/Yuan dynasties China actively.
1253
日蓮が日蓮(法華)宗を開宗
1252
宗尊親王が皇族初の将軍(6代)となり、鎌倉に下向 将軍宗尊の鶴岡八幡参詣に、三戸南部2代実光・3代時実参列
In 1252, the 6th shogun Munetaka goes on a pilgrimage to Tsurugaoka-hachiman shrine, and Sannohe Nanbu Sanemitsu and Tokizane go with him.
1256
時頼出家するが実権を掌握し、実質的に得宗政治が始まる
1271
九州に所領のある御家人に異国警固番役が課される
1263
北条時頼臨終の際、実光も看病にあたる
In 1263, on the Hojo Tokiyori’s death, Sanemitsu also takes care of him.
1274
蒙古襲来 文永の役 (1281弘安の役)
In 1274 and 1281, the Mongols of the Kublai Khan administration attack Japan but retreat.
1274
一遍が熊野権現より神託を受け、時宗を開宗
この頃 糠部の知行は、北条時頼から時宗へ相伝される(その後貞時へ、末期には泰家へ与えられる)
《1279年、元(1271年建国)が南宋を滅ぼす[1234年、金も滅ぼされ、13c高麗は元に服属]》
伊勢信仰が盛行する
1284
幕府が、奥羽両国を除き東国の牧(牛馬の飼育・管理地)を廃止
1285
有力御家人・安達泰盛が滅ぼされ(霜月騒動)、得宗家御内人の覇権強化
1285
霜月騒動で南部孫二郎が安達泰盛に味方する
1297
御家人の財政的困窮を救うため、永仁の徳政令発布
1301
八戸是川のきぬ女の類族調査書が作成される
1322~1328
北条氏御内人の蝦夷管領安東氏一族の内紛が、幕府軍派遣に発展(安東氏の乱)、幕府権威が失墜していく
From 1322 to 1328, the shogunate army is sent to suppress the uprising by Emishi who live in the northern Japan and the internal conflict of Ando family who is in charge of the governance by Hojo family.
1322~1328
北条氏御内人の蝦夷管領安東氏一族の内紛が、幕府軍派遣に発展(安東氏の乱)、幕府権威が失墜していく
From 1322 to 1328, the shogunate army is sent to suppress the uprising by Emishi who live in the northern Japan and the internal conflict of Ando family who is in charge of the governance by Hojo family.
1331
討幕計画が露見し、翌年後醍醐天皇が隠岐国に配流 楠木正成挙兵(元弘の乱~1333)
1332
南部実継が、元弘の乱で後醍醐天皇側につくも捕らえられ斬首という
In 1332, Nanbu Sanetsugu is caught and decapitated even though he is on the Emperor's side in the defeat plan by Emperor Godaigo.
1333
足利高氏、六波羅探題を攻略 新田義貞、鎌倉を攻略し鎌倉幕府滅亡
Not only the imperial court but also the shogunate bushi (warriors) rebel against the Hojo family who keeps the power. In 1333, the Kamakura shogunate is ended by powerful shogunate bushi Ashikaga Takauji or Nitta Yoshisada.
1333
討幕後、後醍醐天皇は京都復帰し「建武」に改元、親政を行う(建武の新政)
In 1333, Emperor Godaigo conducts direct imperial rule (Kenmu Restoration) in Kyoto.
1333
南部師行が陸奥国入部、糠部郡奉行となる[地域には工藤氏や横溝氏など北条氏時代からの給主(地頭代)も存在]
In 1333, Nanbu Moroyuki goes to Mutsu, a part of Akita, Aomori, Iwate, Miyagi and Fukushima pref. at present. He becomes the bugyo (magistrate) of Nukanobu-gun and builds a castle (Ne-jo) around that time. After that, Nejo Nanbu family participates in the battle as the southern court against the shogunate.
1333
尊氏勢力の拡大に対抗し、朝廷は多賀城に陸奥将軍府設置(陸奥守北畠顕家・父親房・義良親王に強力な権限付与)
この頃、根城南部4代師行石懸(村)八森に八戸城(根城)を築く(工藤氏の旧城を接収か)
1335
陸奥守北畠顕家が、津軽の北条氏残党の掃討作戦に南部師行・政長らを派遣 尊氏が、斯波家長を奥州総大将に任じる
1336
足利尊氏が、湊川の戦で楠木正成・新田義貞を破り、室町幕府を開く 後醍醐天皇は吉野へ逃れる(南北朝分立) 
In 1336, Ashikaga Takauji founds Muromachi shogunate in Kyoto and Emperor Godaigo escapes to Yoshino, the beginning of the Nanboku (northern and southern courts) period.
1336
南部師行・信政が従軍した北畠顕家率いる奥州軍が、楠木正成・新田義貞らと合流、尊氏を京から追討(尊氏九州へ)
1338
京都奪回を目指す南朝方北畠顕家軍が奮戦するも、大阪で高師直軍に敗れ、顕家・南部師行敗死
1341
根城南部5代政長らは、北畠顕信や陸奥の葛西氏らと国府奪回を試みるが、津軽の曽我氏らが糠部を攻撃、政長戻る
1348
南朝方は衰退していき、四条畷の戦いでも敗れ吉野を奪われて賀名生へ移る
1342
国府奪回失敗(結城氏・伊達氏・葛西氏ら奥州南朝有力者が足利方へ) 南部政長、後村上天皇から太刀と甲冑を下賜
1350
観応の擾乱により幕府分裂(1364年分裂終了)、南朝勢力回復していく
1350
南部政長が、八戸を嫡孫信光に、七戸を信光の弟政光に譲る
1368
足利義満が11才で3代将軍に就任 管領細川頼之が補佐し応安半済令公布 (明が建国され、元はモンゴル高原に北元を建国)
1367
この頃まで、根城南部氏は南朝方と繋がりがあり、後村上天皇から感状などが与えられる
In the middle 14C., while the southern court in Tohoku region succumbs to the shogunate side, Nejo Nanbu family has a connection with the southern court until around 1367.
この頃『太平記』成立
1384
観阿弥が没し、世阿弥が後継となる
国人や惣村による一揆が行われるようになる
1380年代頃
南部氏が複数の武家集団と一揆を結ぶ
1386
幕府は禅宗(臨済宗)を重視し、義満が京都・鎌倉の五山制度を整える
1391
明徳の乱(山名氏の反乱)などにより有力守護を衰退させ、幕府権力が確立していく
In 1391, the 3rd shogun, Ashikaga Yoshimitsu declines powerful Shugo (military governor), establishes the shogunate authority and unites the courts in the next year.
1392
南北朝統一
1394
義満は将軍職を9才の義持に譲り、太政大臣に就任(翌年、太政大臣を辞任し出家)
1398
義満が、京都北山殿(山荘)に舎利殿(金閣)を建立(北山文化)
In 1398, Kinkaku-ji temple is constructed by Yoshimitsu.
15c頃、糠部を支配する南部氏の中心が、南朝方であった根城南部氏から足利方の三戸南部氏へ移行か
1411
伝承では、三戸南部守行と根城南部光経が秋田出陣の際、各々双鶴の瑞祥があり九曜の向鶴紋が家紋となる 根城南部長経が大慈寺創建 
1428
石清水八幡宮でのくじ引きにより、6代将軍に義教就任
1418
南部氏上洛し、4代将軍足利義持に馬100疋・金1000両を進上
In 1418, Nanbu goes to the capital and presents 100 horses and 1000 ryo of gold for the 4th shogun, Ashikaga Yoshimochi.
1441
有力守護・赤松満祐義教を暗殺(嘉吉の変) 嘉吉の徳政一揆も起こり、幕府の権威が揺らいでいく
1442
1432年の戦いに続き、三戸南部氏が十三湊の下国安藤氏を破り、津軽を支配