HACHINOHE HISTORIA

仲町えんぶり組 上野弥さん 松尾亮さん

放送日:2022年3月2日
2022年3月9日
ゲスト:上野弥(うわのわたる)さん 50代 
( 仲町えんぶり組)
松尾亮(まつおあきら)さん 50代 
( 仲町えんぶり組)

自己紹介でのウイット感最高☆おふたりは、組の布袋と恵比寿!?そして愛妻家の松尾さんは、「えんぶりのきっかけは、子供を観に連れて来たら自分の方が深くどっぷりハマってしまった」と言う。演舞は、組ごとに口伝により継承されてきたため、節回しや動作などに違いがあるそうです。仲町えんぶり組の特徴は、烏帽子(えぼし)3枚(大夫が3人)。「どうさいえんぶり」は唄も仕草もテンポが速く、勇壮華麗で動きが激しく大きく低く摺る故に、烏帽子の締め方も一苦労。腰にも結構負担がかかる舞なので若い人たちへの後継を順送りにしていくそうです。子供達が舞う恵比寿舞や松の舞、等も人気。この回は、えんぶりを振っている実際の音を流してみました。感動、鳥肌ものでした!800年以上続く神事「えんぶり」は、八戸市と、その周辺地域に伝わる豊作祈願のお祭り「国重要無形民俗文化財」。悠久の時を紡ぎ、その各時代・人々がどのようなおもいで継承してきたのでしょう。長者山新羅神社16日深夜から日付をまたぐ17日深夜の組を超えたお囃子セッションはまるでジャズ☆最高の前夜祭と化す。通り一遍ではないグルーブ感を是非現地にて味わってください。

*八戸朳(えんぶり)「国重要無形民俗文化財」