HACHINOHE HISTORIA

三戸郡出身 佐京窯オーナー 佐京三義さん 60代  八戸市出身 佐京和子さん 60代

放送日:2022年6月15日
2022年6月22日
ゲスト:佐京三義(さきょうみつよし)さん 60代
(佐京窯オーナー)
佐京和子(さきょうかずこ)さん 60代
(佐京窯オーナー)

「箒づくりを種(ほうきもろこし)から育ててます。1個の種から1本の木しかとれないので、それを200本くらい束ねて1本の箒にするんです。種によっては成長も違うのでそれぞれのサイズを集めて、大小の箒を作っています。だから数多くの種を植えて育てないといけないんですよ。畑で収穫、脱穀、それを家に持ち帰って煮沸、天日干し等の作業の工程が日々続きます。箒を作ることも大変ですが、ホウキモロコシを栽培、材料として整えるまでの方がもっと大変です!」と、三義さん。聞いているだけで気が遠くなりそうです。愛情と労力と手間暇かけて作った作品だからこその値打ちが階上町ふるさと納税品として選ばれたのですね。「新築祝いやご贈答品としても重宝されてるんです。これは一生ものだから!」と。織(糸紐)1つにしてもアートしていてとても上品で素敵。なるほど納得です。奥様の和子さんは、縄文の美をテーマに陶器、土器、漆などの作品アーティスト。「縄文の人達は、私たち現代人が思っている以上に優れていたんですよ」と語る。佐京窯の佇まいもご夫婦も素敵でした。

*南部和箒は、階上町ふるさと納税返礼品