HACHINOHE HISTORIA

青森市出身 カネク醸造代表 山形琢一さん 60代

放送日:2021年12月1日
2021年12月8日
ゲスト:山形琢一(やまがたたくいち)さん 60代
(カネク醸造代表)

「地域連携で地ビールの八戸麦酒を盛り上げよう。そして若い経営者を育成しようという目的でカネク醸造会社設立しました。旧学校給食センターがビール工場になったというのは全国的に珍しいと思います。この場所に決めた理由は、「南郷」という名前がのどかな里山の雰囲気で響きが良かったのと自然が豊かであったから。南郷ジャズフェスティバルでこのビールを飲んで欲しい。ビール会社を造ろうと思った最初のきっかけは、昔ドイツで飲んだヴァイツェン(白)ビールが美味しくて、八戸で買おうとしたら無かったので、いつか自分たちで作ろうと思いました。また東北でIPAビールを造っているところはなかなかないんです。華やかな味わいで発酵後にかなりの量のホップを入れて造る方法なので効率が良くないんですが、美味しいんです!」と一押し。元々は、病院向けの薬会社勤務を経て機械修理(オートバイ)の会社を設立、現在もオートバイに乗ってツーリングも行くと言う。ビールラベルは、自分の飼っている猫3匹がモデル。本当は犬派だったのが奥様の影響で猫派になって、今はもう猫のいない生活は考えられないと言う。愛の籠った猫印のビール、皆さんも飲んでみてください。