HACHINOHE HISTORIA

八戸市出身 大久保えんぶり組 代表 大館恒夫さん  埼玉県出身 大久保えんぶり組 副代表 後藤智幸さん

放送日:2022年3月16日
2022年3月23日
ゲスト:大館恒夫(おおだてつねお)さん 70代
(大久保えんぶり組 代表)
後藤智幸(ごとうともゆき)さん 40代
(大久保えんぶり組 副代表)

大久保えんぶり組は、南部の殿さまの前でえんぶりを舞うことを許されている「御前(ごぜん)えんぶり」7組の内の1組で刀を刺して演ずることができる格式ある組だそうです。大館さんは、学生時代に有名なレスリング選手だったそうですが、ある若者達の活動で幹事長となることがきっかけで大久保えんぶり組の代表となることに。昭和51年から40年以上「大久保えんぶり組」での代表として継続のベテラン(元八戸市議)。後藤さんは、埼玉県出身で小学生の時、八戸へ転校。大人になってから消防団として活躍。「団員の皆さんがえんぶりをしていたので自然とえんぶりを始めて、今やドはまりしている。」と言う。やっぱりえんぶりは、体力も精神も強靭でなければいけない!?コロナ禍でえんぶりが中止になっている間も組のモチベーション、士気を高めるために「いつでもえんぶりを摺れるように、いざ鎌倉!馳せ参じるの精神」と大舘曰く。常に連絡を取り合っているそうです。えんぶりが取り持つ地域の団結心・絆、これからも大切に継続して欲しいですね。

*八戸朳(えんぶり)「国重要無形民俗文化財」