HACHINOHE HISTORIA

ハチノヘシガクセイマチヅクリジョセイキンセイドトガクセイチャレンジプロジェクトヲカツヨウシタガクセイシュタイニヨルジェイアールハチノヘエキデノタネサシガゾウノハイシンイベントノジッシ

八戸市学生まちづくり助成金制度と学生チャレンジプロジェクトを活用した学生主体によるJR八戸駅での種差画像の配信イベントの実施

著者:柴田 幸司 SHIBATA Kouji 花田 一磨 HANADA Kazuma

本報告では、2016年9月24日(土)および25日(日)の2日間にわたり、八戸市学生まちづくり助成金制度を活用してJR八戸駅にて大学生が主体となって実施された、ICTを活用した種差海岸の配信イベントの事前打ち合わせ、準備状況および当日のイベント実施状況について報告する。そして、これらの反省点を踏まえ、ICTを活用した、まちおこしに関する今後の展望についても述べる。更に、このイベントの実施のために、新たに開発したTwitterサーバに観光地の画像や温度・湿度情報を自動的に投稿するTweetBot装置のまちおこしへの活用法についても説明する。

掲載元情報八戸工業大学紀要第36巻,pp.103-116 The Bullet in of Hachinohe Institute of Technology,36,pp.103-116
カテゴリーIT・情報システム開発,活動・製作,工学,まちづくり・観光
発行年月日2017/3/31
閲覧先八戸工業大学学術リポジトリ
閲覧先での公開範囲全文公開