HACHINOHE HISTORIA

タケンカラミタナンブホウゲン―ヒョウゴケン・オカヤマケンデノホウゲンアンケートチョウサヲフマエテ―

他県からみた南部方言―兵庫県・岡山県での方言アンケート調査を踏まえて―

著者:髙島 直人 TAKASHIMA Naoto 岩崎 真梨子 IWASAKI Mariko

南部方言のアンケート調査を主に若者を対象に実施し、その結果、東北地方では認知度が高く、理解度が低いこと、他県では認知度が低いということが挙げられた。しかし、シャッコイ、ナゲルなどのメディアなどで取り上げられたことのある全国的に有名になりつつある言葉は、使わないが意味を知っているという形で認識されることが分かった。また、東北地方での方言理解度を向上させるためには南部方言と共通語の違いを周知する必要があると考えられる。このアンケートを回答することにより他県での南部方言認知度が上がると共に東北地方では方言として理解度が上がれば、地方方言の衰退が緩和出来るのではないかと考えられる。

掲載元情報八戸工業大学紀要第38巻,pp.38-48 The Bullet in of Hachinohe Institute of Technology,38,pp.38-48
カテゴリー歴史(近代・現代),歴史(近世以前),方言・地名,地域分析
発行年月日20190301
閲覧先八戸工業大学学術リポジトリ
閲覧先での公開範囲全文公開