HACHINOHE HISTORIA

ハチノヘハンケイホウ-ホウレイヲチュウシンニ-(5)

八戸藩刑法-法例を中心に-(5)

著者:工藤 祐啻 Suketada Kudou

八戸藩の犯罪関係の法例で最も件数が多いのは「盗み」であり、このような傾向は様々な幕府・諸藩でも同様であったとされる。盗みに対する基本的な刑罰は死刑であった。本稿は刑罰の種別に従い年代順に事例を挙げている。

掲載元情報八戸工業高等専門学校紀要 18巻p.185-192
カテゴリー歴史(近世以前)
発行年月日1983/12/20
閲覧先八戸市立図書館
閲覧先での公開範囲全文公開