HACHINOHE HISTORIA

「ハチノヘノウエンタイ」ニオケルセイサン・ハンバイジョウホウシステムコウチクニカンスルイチコウサツ

「はちのへ農援隊」における生産・販売情報システム構築に関する一考察

著者:石原 慎士

異物混入、食中毒、無認可添加物の使用、食品の虚偽問題等、生産者の生活基盤や食品製造メーカーの経営基盤を根底から崩しかねない状況が食品業界を取り巻いている。最近では、産地を偽って販売する産地偽装や食品ラベルを貼り替える事件、食品に添加物を振り掛けて品質を偽装している事件が報道された。このような風潮の下、消費者は食品の品質や安全性に関心を寄せるようになった。

掲載元情報八戸学院大学紀要 第30号(2005) pp.47-60
カテゴリー歴史(近代・現代),IT・情報システム開発,食(文化、産業),工学
発行年月日2005/3/31
閲覧先八戸学院学術情報リポジトリ
閲覧先での公開範囲非公開