HACHINOHE HISTORIA

カンコウチノチュウシンセイブンセキニヨルカンコウガイドブックノカイユウルートトリョコウシャノカイユウコウドウトノヒカクケンキュウ―アオモリケンサンパチカミキタチイキノジレイ―

観光地の中心性分析による観光ガイドブックの回遊ルートと旅行者の回遊行動との比較研究―青森県三八上北地域の事例―

著者:河内 良彰 KOUCHI Yoshiaki

本稿は、青森県三八上北地域における観光回遊に関する探索的調査で得られたデータに基づき、観光ガイドブックの推奨ルートと旅行者の実行動とを社会ネットワーク分析を応用して比較検討し、当該地域の観光まちづくりの課題と求められる施策を考察することを目的とした。 観光ガイドブックの回遊ルートと旅行者の回遊行動との間には、顕著な差異があることが明らかとなった。とりわけ、自動車による観光に対応するための中心市街地のインフラ整備、出版社や旅行会社との相互連携による旅行者の誘導と分散化を推進する必要性を提起した。また、観光回遊行動を把握するうえで、有向グラフによる社会ネットワーク分析の有効性を示した。

掲載元情報八戸工業大学紀要第39巻,pp.45-64 The Bullet in of Hachinohe Institute of Technology,39,pp.45-64
カテゴリー地域分析,IT・情報システム開発,まちづくり・観光,工学
発行年月日2020/3/3
閲覧先八戸工業大学学術リポジトリ
閲覧先での公開範囲全文公開