HACHINOHE HISTORIA

ハチノヘハンノホウレイノセイビトカシントウセイホウノイチソクメン

八戸藩の法令の整備と家臣統制法の一側面

著者:工藤 祐啻 Suketada Kudou

八戸藩は遅れながら法令制度の整備に努力したものの、家臣の官僚化現象、役人の腐敗化が進行していた。これに対する規制の簡略を知ろうとするものである。

掲載元情報八戸工業高等専門学校紀要 1巻p.105-118
カテゴリー歴史(近世以前)
発行年月日1966/12/20
閲覧先八戸市立図書館
閲覧先での公開範囲全文公開