HACHINOHE HISTORIA

ボウサイギジュツシャカイシステムケンキュウセンターサテライトニオケルチイキジュウミンノコエニコタエタカツドウジレイ

防災技術社会システム研究センターサテライトにおける地域住民の声に応えた活動事例

著者:佐々木 良子 SASAKI Yoshiko 熊谷 浩二 KUMAGAI Koji

被災者に寄り添った防災・復興整備情報の提供や地域連携教育に取り組むために,八戸工業大学防災技術社会システム研究センターが八戸市の中心市街地にサテライト展示ブースを設立し3年目を迎えた。 地域住民との交流を深めていく中で,サテライトには多くのご要望やご意見が寄せられている。そこで,サテライトでは文部科学省「大学等における地域復興のためのセンター的機能整備事業」として,今年度,地域住民の声に応える活動に積極的に取り組んだ。地元の話題を取り入れた防災情報の掲示,サテライト外でのイベント参加などで,より広範囲への情報発信,サテライトの設立意義でもある双方向性のコミュニケーションの構築を実践した。

掲載元情報八戸工業大学紀要第34巻,pp.85-92 The Bullet in of Hachinohe Institute of Technology,34,pp.85-92
カテゴリー活動・製作,教育,まちづくり・観光,災害
発行年月日2015/3/31
閲覧先八戸工業大学学術リポジトリ
閲覧先での公開範囲全文公開