HACHINOHE HISTORIA

ハチノヘハンケイホウ-ホウレイヲチュウシンニ-(2)

八戸藩刑法-法例を中心に-(2)

著者:工藤 祐啻 Suketada Kudou

第二では放火と刑罰に関する法例を検討する。失火に関する法例は極めて多いのに対して放火殺人として科刑せられた事例は極めて少ない。放火事件はしばしばあったものの、犯人が逮捕されない場合があったことが藩日記に記されている。

掲載元情報八戸工業高等専門学校紀要 14巻p.138-144
カテゴリー歴史(近世以前)
発行年月日1979/12/30
閲覧先八戸市立図書館
閲覧先での公開範囲全文公開