HACHINOHE HISTORIA

アオモリケンノトリショウ

青森県の鳥相

著者:平田 貞雄

青森県は本州北端に位置し、東は太平洋、西は日本海、そして北は津軽海峡というように三方が海に面している。しかも日本海側では近海を対馬海流(暖流)北上し、太平洋側では対馬海流(寒流)が南下していること、また北部は下北半島と津軽半島とは突出していてむつ湾を囲み、県のほぼ中央部に八甲田山があって陸土を東西に二分していることなどの条件のために、かなり特徴的な動物相が見られる。

掲載元情報八戸学院大学紀要 第11号(1992) pp.41-54
カテゴリー地域分析,地形・地質・自然
発行年月日1992/3/16
閲覧先八戸学院学術情報リポジトリ
閲覧先での公開範囲非公開