HACHINOHE HISTORIA

ガクセイチャレンジプロジェクトトコウキョウシセツヲカツヨウシタタネサシカイガンノミドコロジョウホウノアイシーティーリアルタイムハッシントチイキオコシヘノオウヨウ

学生チャレンジプロジェクトと公共施設を活用した種差海岸のみどころ情報のICTリアルタイム発信と地域おこしへの応用

著者:柴田 幸司 SHIBATA Kouji 飯野 真弘 IINO Masahiro 花田 一磨 HANADA Kazuma

本研究では以前筆者らにより構築したLinuxマイコンと携帯電話網に接続可能なUSBモデムとの組み合わせた超小型で安価な組込み型VPNシステムにWEBカメラや温湿度センサを接続し、タブレットコンピュータなどのスマートデバイスを用い、センサから遠く離れた場所からでもWebブラウザにてカメラ画像や温湿度センサなどの情報を取得が可能であることを示した成果を八戸工業大学・学生チャレンジプロジェクトと公共施設を活用して地域おこしに応用するため、小型で安価かつ運用コストの低いシステムにより、種差海岸の状況を八戸工大に設置したHTTPサーバを介し世界に発信するシステムを構築した。さらに、地域住民を対象とした講習会イベントを開催して地域住民への観光地の宣伝とICTの啓蒙活動を実践した。本文では、これらの活動状況につき報告する。

掲載元情報八戸工業大学紀要第35巻,pp.31-37 The Bullet in of Hachinohe Institute of Technology,35,pp.31-37
カテゴリーIT・情報システム開発,活動・製作,まちづくり・観光,工学
発行年月日2016/3/31
閲覧先八戸工業大学学術リポジトリ
閲覧先での公開範囲全文公開