HACHINOHE HISTORIA

チホウシンブンニミラレタ「タバコ」ニカンスルキジニツイテ ―ダイロクホウ:1995ネンイチネンカンノキジニツイテ―

地方新聞に見られた「たばこ」に関する記事について ―第6報:1995年1年間の記事について―

著者:高橋 政嗣

筆者は、 1986年より1994年迄の9年間に亘って、地方新聞紙(「デーリー東北」、本社: 八戸市)の記事について5回に分けて、いわゆる 「たばこ」に関する記事が、どのように扱われているかを調べて報告した 「150」~[154]。今回はこれまでの報告に準じて、 更に1年間(1995年)の新聞記事について同様のことを調べた。本報を加えると、10年間の記事を見てきたことになる。 この間に、 社会の情勢ははげしく変った。 しかし、 当然のことながら、禁煙に関する啓蒙活動は微妙な変化をきたして来たように見える。

掲載元情報光星学院八戸短期大学研究紀要第20巻(1997)pp.119-150
カテゴリー歴史(近代・現代),医療・福祉,地域分析
発行年月日1997/12/20
閲覧先八戸学院学術情報リポジトリ
閲覧先での公開範囲非公開