HACHINOHE HISTORIA

ハチノヘハンケイホウ-ホウレイヲチュウシンニ-(3)

八戸藩刑法-法例を中心に-(3)

著者:工藤 祐啻 Suketada Kudou

第三は殺人に関する法例について述べています。殺人の事例はかなり少なく、1665年から1764年までの間に27件発生している。重大犯罪が少なかった事由は、藩政期を通じて領内人口が約6万前後で人口が少なかったこと、藩の支配領域が農村と漁村がほとんどで、地緑的・血縁的結合が強かったことに基づいていると考えられる。

掲載元情報八戸工業高等専門学校紀要 15巻p.114-126
カテゴリー歴史(近世以前)
発行年月日1981/1/30
閲覧先八戸市立図書館
閲覧先での公開範囲全文公開